PR

【リスクコントロール】みんなのシストレ設定ポイント!

みんなのシストレ

今回は、みんなのシストレでの「リスクコントロール」設定ポイントをご紹介します。

みんなのシストレではリスクコントロールが可能

このように、みんなのシストレでは、リスクコントロール(損失許容額)の設定をすることができます。

例えば、合計損失額を「-5,000円」と設定すると、その金額に到達した時に自動決済されます。

このようにして、あらかじめリスクコントロールを設定することで、自動的に損切りすることが可能です。

みんなのシストレ「リスクコントロール」設定ポイント

では、リスクコントロールの金額はいくらに設定するといいのか。

自己資金の2%以下が目安

目安は、自己資金の2%以下がおすすめです。

なぜ、2%以下なのかというと、それ以上の数値で設定すると、大きな損失を被ることになるからです。

例えば、自己資金100万円で2万円まで(2%以下)ならば、トレードで取り返せます。

しかしこれが、損失10万円(10%)になると、トレードで取り返すのが、より難しくなります。

このように、損失額(損失額の割合)が大きくなるほど、今後のトレードで取り返すのも難しくなるのです。

FXは小さく負けること

FXでは小さく負けることが肝心です。

予想が外れることは当然あります。

ただ、その時にどのようにカバーできるかが重要です。

小さく負けることができれば、次の利益で取り返すことができます。

一方で、大きく負けてしまうと、次に利益が出た時に取り返すのが大変ですし、

さらに負けが続くと、どんどん損失額ばかりが大きくなってしまいます。

ですから、リスクコントロールで小さく損切りできるように設定することが大事なのです。

損切りを恐れない

損失を出すことは確かに大事な資金が減るので辛いことです。

しかし、損だしを恐れて、いつまでも損切りしないと、結局は強制決済などされて、大損することになります。

将来大損しないためにも、損切りを恐れず行うことが大事なのです。

まずは相場に生き残る

FXで勝つためには、相場に生き残ることが大事です。

大前提は「相場に生き残ること」、相場に生き残ることができるからこそ、FXで稼ぐことができます。

相場に生き残れないと、FXすることすらできません。

多くのひとが大損して相場から退場させられてしまいます。

そうならないためにも、的確なリスクコントロールが必要なのです。

勝てるトレーダーはリスクコントロールができる

逆に言えば、FXで勝てるトレーダーは、しっかりリスクコントロールができる人です。

みんなのシストレでもリスクコントロールをしっかり行い、大きな損失を防ぐからこそ、

勝てる時はしっかり利益を得て、稼ぐことができます。

稼ぐことばかり考えるのではなく、リスクコントロールで守る術をしっかり身につけることが大事です。

リスクコントロールは調整していく

また、リスクコントロールは一度設定すれば、それで終わりではありません。

自己資金により、許容損失額も変わってきます。

みんなのシストレでトレードがうまくいけば、自己資金も増えていきます。

そうなると、自己資金の2%の数値も高くなります。

自己資金が増えて、より稼いでいきたいならば、リスクコントロールも調整していくことです。

また、ストラテジーを変えたり、トレードスタイルを見直したい時は、

リスクを抑えるためにも、許容損失額を小さく設定する方法もあります。

その都度状況を踏まえて、リスクコントロールの設定を行うことが大切です。

みんなのシストレ

FX自動売買(システムトレード)をするならば、みんなのシストレみんなのシストレが最適です。

24時間システムトレードできる

みんなのシストレでシステムトレードを利用することで、

あなたが働いているときも寝ているときも、

24時間FX自動売買をすることができます。

トレイダーズ証券みんなのシストレ

優秀なストラテジー多数

みんなのシストレには数多くのストラテジーがあり、

ランキング形式で優秀なストラテジーを探すことができます。

1,000通貨単位で取引できる

みんなのシストレは1,000通貨単位で取引できるので、

少額資金の初心者でも安心して始めることができます。

約5分で申し込み完了

みんなのシストレは約5分で申し込み完了します。

まずは無料口座開設して、みんなのシストレで自動売買を始めましょう!

トレイダーズ証券みんなのシストレ
みんなのシストレ
↓↓人気ブログランキング↓↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 為替ブログへ
ビバFXブログ - にほんブログ村
株式ランキング
為替・FXランキング
FXシスターをフォローする
ビバFXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました