PR

【iサイクル2最強設定】おすすめのやり方!儲かるコツとは!?

iサイクル2

外為オンラインのiサイクル2は、FX自動売買ができる優れたツールなので、気になる方も多いと思います。

【iサイクル2最強設定】各項目を選ぶポイント!

そこで今回は、実際に自動売買をしてみた体験談を踏まえて、個人的におすすめなiサイクル2の設定方法をご紹介します。

iサイクル2で儲かるには設定が大事

外為オンラインのiサイクル2は、簡単に誰でも自動売買を始めることはできますが、

「簡単に稼げる」というわけではありません。

iサイクル2で儲かるためには、トレードで勝つための設定や考え方が大切です。

どうすればiサイクル2で儲けることができるのか。

ここでは、個人的におすすめするiサイクル2の最強設定方法をお伝えします。

ただし、今回お伝えする設定を行えば、必ずしも成果が約束されているわけではありません。

私自身も日々検証しながら、自動売買を行なっておりますし、トレーダーの資金によっても取引方法や成果は変わってきます。

あくまで参考程度にしていただき、ご自身でも色々試してみて、iサイクル2でトレードすることをおすすめします。

iサイクル2は三通りの方式がある

  • ランキング方式
  • マトリクス方式
  • ボラティリティ方式

まず、iサイクル2には、このように3通りの方式があります。

おそらく一番多いのは、ランキング方式ではないでしょうか。

私自身もランキング方式で、iサイクル2をすることが多いです。

ランキング方式での選び方

ランキング方式では、高い利益を獲得している注文内容をランキング形式でリストアップすることができます。

順位ばかりにこだわらない

ランキング方式の選択で大切なのは、順位ばかりにこだわらないことです。

ランキング上位の注文内容でも、必ずしも良いパフォーマンスをするとは限りません。

トレーダーによって資金も違うので、同じ結果にはならないのです。

通貨ペアを合わせる

それよりも、まずは通貨ペアを合わせましょう。

ランキング方式では、様々な通貨ペアがあります。

ご自身がトレードする通貨ペアに合わせて、注文内容を選ばないと、正しく機能しません。

通貨ペアによりチャートの動きは違うので、まずは通貨ペアを合わせて、注文内容を選ぶことです。

売りor買いorトレンド

また、注文内容は売り・買い・トレンドで、トレードもだいぶ変わります。

例えば、米ドル円の上げ相場(円安)であるにも関わらず、売り注文ばかり行うと、損失ばかりで利益はなかなか取れません。

自動売買で稼ぐためには、相場の流れに合わせることが大切です。

そういう意味でも「トレンド(SMA)」が個人的にはおすすめです。

MACDも悪くありませんが、SMA(単純移動平均線)は、多くのトレーダーが意識するので、移動平均線でチャートが反応することも少なくありません。

個人的にも、トレンドを読む際にSMA(単純移動平均線)を使っています。

必要な新規注文可能額

また、「必要な新規注文可能額」も大事なポイントです。

自己資金に対して、こちらの金額が大きすぎると、余裕が取れずに、わずかな値動きで大損する可能性もあります。

iサイクル2でトレード(発注)するには、証拠金が必要になります。

発注するための証拠金が「必要な新規注文可能額」を超えていると注文ができません。

なので、自己資金と照らし合わせて、「必要な新規注文可能額」は大き過ぎない注文内容を選びましょう。

注文間隔は広めが安全

注文間隔はあまりにも狭いと、その分ポジションも多くなり、リスクも大きくなります。

注文間隔はある程度広めの方が、ポジションを多く持たず、必要な証拠金も少なく済みます。

最初は、リスクを考慮して、注文間隔は広め(50~100pips程度)がおすすめです。

想定変動幅は狭過ぎない

想定変動幅(ポジションから逆指値までの間隔)は、狭すぎると、すぐに損切りされてしまいます。

損失を抑えるためにも損切りは大事ですが、あまりに多いと、損切り貧乏になり、損失ばかり増えてしまいます。

ただ、逆に広ければいいというわけでもありません。

あまりに広すぎると、今度は含み損を多く抱えてしまいます。

なので、個人的には500~800程度がおすすめです。

足種は週足

また、足種は月足ではスパンが長く感じるため、個人的には週足でトレードしています。

最大ポジション数は多過ぎない

最大ポジション数は数値が大き過ぎると、その分ポジションを多く持つことになるので、リスクもあります。

あまりリスクを抱えないためにも、最大ポジション数は5程度がおすすめです。

決済損益pipsにこだわり過ぎない

決済損益pipsは多い方が魅力的に見えますが、短期で大きく稼げる注文内容は、長期で見るとマイナスになってしまう場合もあります。

なので、決済損益pipsが高過ぎる注文内容は避けた方が無難です。

個人的におすすめな【iサイクル2最強設定】

  • 売買:トレンド(SMA)
  • 足種:週足
  • ポジション間隔:100
  • 最大ポジション数:5程度
  • 想定変動幅:500〜600

以上のことを踏まえて、個人的にはこのような設定がおすすめです。

ただし、通貨ペアや自己資金によっても、設定内容は変わってくるはずです。

例えば、米ドル円よりもポンド円の方が値動きが激しい傾向にあるので、

その場合は、さらに余裕を持たせた想定変動幅が必要になります。

上記は参考の一つとして、ぜひ自分のトレードに合う最強設定を見つけていきましょう。

iサイクル2最強設定で儲かるコツとは!?

また、iサイクル2は注文内容を設定するだけではなく、

iサイクル2を正しく活用して儲けるためのポイントがあります。

資金管理を徹底する

裁量トレードでも自動売買でも、徹底した資金管理が必要です。

先でも触れたように、資金に対して目一杯ポジションを持ってしまうと、少しの値動きで大きく損をしてしまいます。

ある程度の値動きに耐えうるためにも、常に余力を持たせたトレードが大事です。

注文間隔は広めにしておく

iサイクル2で自動売買を始めるときは、最初は注文間隔をやや広めにしておくことをおすすめします。

たとえば、注文間隔を10pipsより50pipsにすることで、取引回数もポジションも少なく済みます。

あまりにポジションが多いと、その分多くの証拠金が必要ですし、負けた時の金額も多くなります。

慣れないうちは、まずは注文間隔を広めにして余裕を持たせるといいでしょう。

iサイクル2の取引に慣れてきて、勝てるようになってきてから、注文間隔を狭めていくとリスクを抑えることができます。

相場を分析する

iサイクル2をうまく生かしてトレードで勝つためには、相場分析も大切です。

チャートを見て、どのように動きそうなのか、ある程度予測を立ててトレードすることで、

iサイクル2による自動売買でも儲けやすくなります。

躊躇なく損切りする

FXで儲けるためには、まず相場に生き残ることが大切です。

相場に生き残ることができれば、自動売買で稼ぐチャンスは十分にあります。

相場に生き残るためにも、予想が外れたら躊躇なく損切りする勇気が必要です。

損切りしないでいると、含み損がどんどん増えて、結果的に大損してしまいます。

スプレッド縮小キャンペーン

外為オンラインでは、期間限定でスプレッド縮小キャンペーンを行うことがあります。

スプレッド(売り買いの価格差)は、FXで稼ぐためにも大変重要です。

スプレッドが狭いほど、取引コストを抑えることができます。

自動売買では取引回数も多いので、なるべくスプレッドが狭い通貨ペアで取引するといいでしょう。

デモよりリアルトレード

iサイクル2では、デモ口座もあります。

初心者の方は、まずデモ口座でiサイクル2取引を始めてみるのもいいでしょう。

ただし、デモトレードとリアルトレードでは、全然違います。

デモトレードでは自分のお金を使わないので、適当なトレードになりがちです。

一方で、リアルトレードは自分のお金を使ってトレードするので緊張感があり、精神的にも全く違います。

FXはメンタルが大きく左右します。

デモトレードでできたことが、リアルトレードでできないということもよくあります。

自分のお金を使うので、お金を失う可能性もあり、思い切ったトレードがしにくいのです。

FX取引に慣れるためにも、いち早くリアルトレードを始めることをおすすめします。

注文内容を見直す

iサイクル2では、相場の動きに反する注文を繰り返すと、どんどん損失が膨らむ可能性があります。

iサイクル2の取引を続けても損失が増えてしまう場合は、一度注文内容を見直すことも必要です。

臨機応変に使い分ける

相場の流れに合わせて、注文内容も臨機応変に使い分けるのも戦略です。

例えば、明らかにトレンド相場であれば、取引回数を多くして利益を得ていくトレード方法もあります。

勝てる相場であれば、思い切って強気に攻めることもあります。

日々検証を行う

iサイクル2では機械的にトレードができますが、絶対に勝てる保証はありません。

裁量でも自動売買でも、相場には「絶対」はないので、日々検証していく必要があります。

どんなに勝てる手法でも、負けるときはあります。

iサイクル2でも、最強設定であったとしても、永久に稼げる保証はありません。

その都度改良して、相場に合わせてトレードしていくことで、自動売買で稼げるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました