PR

【米国2月ADP雇用統計&パウエル議長】米ドル円の行方は?

経済指標

2024年3月6日、日本時間22時15分に、米国2月ADP雇用統計があります。

さらに当日24時頃(同じく日本時間)に、パウエル米FRB議長の議会証言があります。

米国2月ADP雇用統計の予想は?

ADP雇用統計とは、アメリカの大手給与計算アウトソーシング会社である、

ADP(Automatic Data Processing社)が算出・公表する雇用統計リポートです。

2006年から行われている比較的新しい指標になります。

【3/6ユーロ円】5分足の抵抗線に注目!上げ渋りから下げ!
2024年3月6日(水曜日)ユーロ円は5分足で抵抗ラインが発生しました。 【3/6ユーロ円】5分足の抵抗線に注目!上げ渋りから下げ! 画像で見ると、162.900あたりで抵抗線が引けます。 夕方頃から上げがありますたが、いまいち強くない状態...

予想15.0万人(前回10.7万人)

前回のADP雇用統計は10.7万人に対して、今回の予想は15.0万人の増加予想です。

パウエル議長の利下げ言及はあるか

そして、もう一つ注目すべきは、パウエル米FRB議長の議会証言です。

早期利下げ開始に慎重な議長ですが、答弁の中で今後の利下げに言及する場面が見られると、ドル売りが進む可能性があります。

米ドル円はレンジ相場

現在、米ドル円は149円台後半から150円台前半のレンジ相場です。

ここ数週間は大きな動きは見せませんでした。

レンジを意識しつつ初動に注意

雇用統計の予想を見ても、米ドルはまだまだ強い状態です。

今後もレンジ相場が続く可能性があります。

ただ、一気に動く可能性もあるので、初動に注意しつつ、

動きに合わせる形で、押し目を狙うなど、注意深く観察する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました